ティからも2打目からも使う、飛ばすためのクラブ「スプーン」

3番ウッドの別名をスプーンと言い、非常にメジャーなクラブの一つで、クラブセットを買うとたいてい入っています。
それだけに、定番ということが言えるでしょう。
主に使用する機会は、フェアウェイからの2打目になりますが、ティからの1打目に使っている人もいます。
ティからのショットで、1番ウッドで飛ばすことができる人はいいのですが、それが難しければスプーンもいい選択肢になります。

また、まだまだ3Wも難しいというのならば、5Wという選択肢も残されています。
理想的にはドライバーで飛ばすことなのですが、それが困難な人ならば代用しても構いません。

スプーンは、ティーアップすることなく打つクラブでは、一般的に最も長い距離を飛ばすことができます(最近はドライバーをフェアウェイウッドに使用する選手もいますが)。

ですから、3Wは飛距離で選ぶというのもありです。

距離や正確性などの選び方がありますが、2打目に使用するということを前提に考えれば、どれだけ飛ぶかということ、そしてミスショットをしない、この2点が最も重要になるでしょう。

そう考えると、3Wとして選ぶのは、ロフト角が小さいもの、シャフトは長めで力を伝えるもので、ヘッド容量は大きいということが条件になります。

ただし、こういった単純な条件のみで選んで、扱えなかったら意味がないので、試打をして自分の感覚にあったクラブであるということも、絶対の条件です。

プロは気に入った3Wをなかなか換えないものですので、お気に入りの1本を見つけてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ