スイートスポットを捉えるためには、反復練習で感覚を刻む

クラブフェースのスイートスポットでボールをインパクトすることが、スイングに関しては最も重要で、芯に当てるとも言います。
これができれば、飛距離が圧倒的に伸びることになりますが、スイートスポットはクラブによって千差万別で、ヘッドの重心や広さによってクラブごとに違いがあるので、同じ場所で当てたとしても、絶対にスイートスポットになるということはありません。

それぞれに合わせた振り方をするのか、それとも同じような場所を持つクラブを選ぶのか、ということが選択肢になりますが、さすがにクラブを合わせるのには無理がありますから、反復練習が必要になります。

まずは、打ちっぱなしなどで、インパクト時の感覚を覚えておくことが大切です。
芯に当たったときには打感と音がまったく違うので、分かりやすいでしょう。

そして、力を使った方が当たるというわけではないということも、同時に分かるはずです。

アマチュアはグリップを固く握って力を伝えようとしますが、実はこれは反対で、柔らかく握って、シャフトのしなりを利用し、遠心力でヘッドをボールにインパクトさせるのが一番力が伝わる方法です。

遠心力を使ったスイングが、最も芯に当てやすくなっていて、さらに飛びます。
もちろん力があるゴルファーに関してはこの限りではありませんが、一般的にはこちらの方が飛距離が出ます。

そのため、クラブヘッドの重さを利用したスイングで、芯に当てたときの打感をつかみ、その反復練習で体に感覚を覚えさせることが、本番で使うために必要となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ