ゴルフの基礎となるグリップは、3種類から選ぶ

ゴルフにはいろいろな上達法がありますが、グリップを変えることがまず第一と言われています。
確かに、ゴルフはグリップを握ることから始まっていて、スイング以前の問題ですので、この基本をおろそかにしてしまっていては、そのあとに続くものもダメになってしまうでしょう。
握り方には大きく分けて、オーバーラッピングとインターロッキング、テンフィンガーの3種類の方法があります。

オーバーラッピングは、右手の小指が左手に重なるようにして持つ方法で、最もオーソドックスな方法です。

これはアマチュアだけではなく、プロでも使われている王道の握り方で、みんなが使っているということで、それだけ手本が溢れているというのが一番のメリットになります。

ただし、手が小さい人にとってはなかなか難儀な握り方です。
インターロッキングは、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に固定するような持ち方です。

オーバーラッピングとは違って、右手がメインとなって動かすことになるので、右利きの人にとっては、この方法の方がナチュラルな感覚を得ることができるかもしれません。

ただし、右手が強く出過ぎて、スイングが上手くいかないということもあります。

最後に、テンフィンガーとは、手を重ねないように、その名の通り10本の指で持つことで、野球のように持つことから、ベースボールグリップとも言われています。

一般的でないため、あまり手本となる人もおらず、慣れないとかなり難しいのですが、飛距離が出やすいことが挙げられるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ