ショートのために必要不可欠なウエッジは、ロフト角に注目

ウエッジは、一般的には短い距離を打つためのクラブです。
そのためロフトが大きくなっていて、つまりフェース面が上を向いているために、高くボールを打つことができます。
そして、このウエッジの中でも代表的なものが、バンカーからのリカバリーをするためのSWと、グリーンへ向けて微妙な距離のアプローチをかけるPWです。
この2本は多くのゴルファーがクラブセットの中に入れておくアイテムです。

また、これはアイアンの一つでもあると考えられていますので、アイアンセットの中に組み込まれて販売されていることもあります。
そして、ウエッジを選ぶときは、ロフト角がとても重要です。

最近では上級者は、クラブセットの中に3本くらい入れておくことが主流となっていますが、PW、SWを選ぶときはこの角度を重視しているようです。

そしてこの角度が、それぞれの使い方に影響を及ぼします。

現在主流となっているクラブは、飛ぶことが基本とされていますから、クラブセットで買ったPWの中にはかなりロフトが低いものもあり、上方向へ飛ばすという概念はやや少なくなっています。

しかしそれでは本来の役割を果たしていないとも言え、クラブセットで買ったものの中には、本来の用途からは少し離れたものも含まれているということを覚えておいてください。

一番分かりやすいのは、角度によって使い分けるということで、44~48度がPW、56~58度がSWなどとされていますので、確認してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ