城島後楽園カントリークラブは城島高原ゴルフクラブに

大分県別府市で1975年より営業を行っているゴルフ場が、城島後楽園カントリークラブです。
株式会社東京ドームが運営を行っていましたが、2006年に東京ドームはゴルフ場事業から撤退し、2007年にはモルガン・スタンレーグループに売却されました。
この時にセントレジャーゴルフクラブ城島高原と名前を変えましたが、2012年には再び経営会社が変わり、城島高原ゴルフクラブと僅かに名称が変更されています。

「城島後楽園カントリークラブは城島高原ゴルフクラブに」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東コースと西コースがあり、計36ホールを所有している城陽カントリー倶楽部

1959年、京都府城陽市に開場したゴルフ場が城陽カントリー倶楽部です。
京都府内で2番目に作られたゴルフ場であり、歴史と伝統があるだけでなく、プロトーナメントの開催実績もあります。
広大な敷地内に18ホールのコースを二つ、計36ホールを所有しており、共に佐藤儀一氏が設計を担当しました。

「東コースと西コースがあり、計36ホールを所有している城陽カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

城里ゴルフ倶楽部の18ホールは距離が長くフラットなコース

城里ゴルフ倶楽部は、茨城県東茨城郡城里町で1991年より営業を行っているゴルフ場です。
開場当初はカントリークラブ・ザ・ウイングスという名前でしたが、2004年に経営会社の欧亜観光開発株式会社が破産宣告を受ける事態となり、同年に株式会社ノザワワールドの手に渡りました。
この時にゴルフ場の名前が城里ゴルフ倶楽部と改められ、以降は順調に運営が行われています。

「城里ゴルフ倶楽部の18ホールは距離が長くフラットなコース」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

コース内には池と川が多い常総カントリー倶楽部

茨城県坂東市で1973年より営業を行っているゴルフ場が常総カントリー倶楽部です。
2013年より休憩を挟まないスループレー、乗用カートを導入しており、休みを取らずに一気に回ることが可能となっています。
その為、利用料金は安めに抑えられており、ゴルフのプレーのみを楽しみたいという方には打ってつけのコースです。

「コース内には池と川が多い常総カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

常盤ロイヤルカントリークラブは常盤薬品株式会社のグループ企業が所有

1975年、山口県宇部市に開場したゴルフ場が常盤ロイヤルカントリークラブです。
宇部市に本社がある常盤薬品株式会社のグループ企業が所有しているゴルフ場であり、池が多く自然を活かした作りが特徴となっています。
小野湖の傍の丘に展開されており、小野湖と敷地内外に多く残されている自然な景観が名物です。

「常盤ロイヤルカントリークラブは常盤薬品株式会社のグループ企業が所有」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

2007年に名前を変え、震災後は営業を停止している常磐カントリー倶楽部

常磐カントリー倶楽部は、福島県いわき市で1977年より営業を行っているゴルフ場です。
2003年に経営会社が民事再生法の適用を申請し、2004年にはローンスターグループ、モルガン・スタンレー・グループをスポンサーとして、再建が行われることが決定されました。
その後2006年には株式会社パインランドに売却され、2007年よりいわきプレステージカントリー倶楽部と名前が改められています。

「2007年に名前を変え、震災後は営業を停止している常磐カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

植木カントリークラブは全部で20ホールの変わった構成

熊本県鹿本郡植木町で2000年より営業を行っているゴルフ場が、植木カントリークラブです。
利用料金が安いことを売りとしており、また高速道路のインターチェンジから近いので、交通の便も良好となっています。
このゴルフ場の最大の特徴は、全部で20ホールという変わった構成であり、利用者はショートホールの代わりに19番、20番を入れて計19ホールでプレーすることが多めです。

「植木カントリークラブは全部で20ホールの変わった構成」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

杉山コースと田代コースがあり、プロテストの舞台でもある信楽カントリー倶楽部

1973年、滋賀県甲賀市に開場したゴルフ場が信楽カントリー倶楽部です。
関西でゴルフ場を多く運営する信和ゴルフグループが所有しており、広大な土地に二つのコースを持っています。
開場年月日は両者共全く同じであり、杉山コースは9ホール構成の3コース、計27ホールを備えているのが特徴です。

「杉山コースと田代コースがあり、プロテストの舞台でもある信楽カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

信州伊那国際ゴルフクラブは18ホールを二つ所有している

信州伊那国際ゴルフクラブは、長野県伊那市で1973年より営業を行っているゴルフ場です。
中央自動車道のインターチェンジから非常に近く交通の便は良好であり、広大な敷地と2つの18ホールを持っているのが特徴となっています。
2コースは共に戸田藤一郎氏が設計を担当しており、唐松コースと呼ばれている18ホールはバックティーからの距離が6458ヤードとやや短めですが、フェアウェイの幅は広く、OBを記録することが比較的少ないので思い切って打つことが可能です。

「信州伊那国際ゴルフクラブは18ホールを二つ所有している」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

紆余曲折の末に駒ヶ根カントリーとなった信州駒ヶ根カントリークラブ

長野県駒ヶ根市で1976年より営業を行っているゴルフ場が信州駒ヶ根カントリークラブです。
2000年代の後半からトラブルが多く、2007年には突如音信不通となり、存続の危機に立たされました。
この時は有志により営業が再開されましたが、2008年には経営会社が破産を申し立てる事態となります。

「紆余曲折の末に駒ヶ根カントリーとなった信州駒ヶ根カントリークラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ