伊豆諸島の大島で営業を行っている大島ゴルフクラブ

大島ゴルフクラブは2002年より東京都大島町で営業を行っており、伊豆諸島の中で最も大きい大島にある伊豆諸島唯一のゴルフ場となります。
太平洋に面しているので、大海原を眺めながらプレーすることが可能です。
天気が良い場合は、伊豆半島、そして富士山までも見ることも出来ます。

「伊豆諸島の大島で営業を行っている大島ゴルフクラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大日向カントリー倶楽部はプロトーナメントも開催されている広いコース

栃木県さくら市で1976年より営業を行っているゴルフ場が大日向カントリー倶楽部です。
プロトーナメントの開催実績が多数あり、那須連山が景観面での見所でしょう。
9ホール構成の3コースを所有しているのが大きな特徴です。
富澤誠造氏が設計を担当しました。

「大日向カントリー倶楽部はプロトーナメントも開催されている広いコース」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

18ホールを二つ所有している大熱海国際ゴルフクラブ

1961年、静岡県伊豆の国市に開場したゴルフ場の大熱海国際ゴルフクラブは、標高450メートル付近に位置しており、富士山が景観面での名物です。
初心者の方でも楽しむことが可能で、本格的なプレーにも対応しています。
広大な土地と、18ホールを2つ持っており、J・E・クレイン氏が設計を担当しました。

「18ホールを二つ所有している大熱海国際ゴルフクラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大博多カントリー倶楽部は博多の近くにあり27ホールを所有している

大博多カントリー倶楽部は福岡県筑紫郡那珂川町で1971年より営業を行っているゴルフ場です。
博多の近くにあり、交通の便が優れていますが、アクセスし易い位置にありながらも、自然に囲まれており敷地内の木々、周囲の山の景観は抜群です。
松山桂司氏が設計を担当し、山岳地帯に位置しているゴルフ場ですが、高低差はそれほど大きくありません。

「大博多カントリー倶楽部は博多の近くにあり27ホールを所有している」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

1954年開場と、神奈川県内で早めに作られた大箱根カントリークラブ

神奈川県足柄下郡箱根町で1954年より営業を行っているゴルフ場が大箱根カントリークラブです。
神奈川県内で6番目に作られた、長い歴史を持つコースとなります。
西武グループのプリンスホテルが所有しているゴルフ場の一つで、プロトーナメントも多く開催されており、高評価です。
大谷光明氏、朝香鳩彦氏が18ホールの設計に携わりました。

「1954年開場と、神奈川県内で早めに作られた大箱根カントリークラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大富士ゴルフ場は距離が短く、傾斜が多めの18ホールが特徴

1954年、静岡県富士市に開場した大富士ゴルフ場は、ゴルフ場の激戦区である静岡県内で5番目に作られたコースとなります。
北には日本を代表する山である富士山、南に駿河湾を望むことが可能であり、景観面で優れているゴルフ場です。
丸毛信勝氏が18ホールの設計を担当しました。

「大富士ゴルフ場は距離が短く、傾斜が多めの18ホールが特徴」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

吉野コースと月形コースの二つを所有している大分カントリークラブ

大分カントリークラブは「吉野コース」と「月形コース」の両者を運営しているゴルフ場です。
両者はやや離れているので、実質的には独立して運営されている状態となっています。
柴田和生氏が18ホールの設計を担当した、吉野コースの方が先に作られており、大分県大分市で1970年より営業を行っているゴルフ場です。

「吉野コースと月形コースの二つを所有している大分カントリークラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大分サニーヒルゴルフ倶楽部はオリックスグループが所有している

大分県由布市で1975年より営業を行っているゴルフ場が大分サニーヒルゴルフ倶楽部で、オリックスグループのオリックス・ゴルフ・マネジメントが所有しているコースとなります。
アウトコースからは由布岳と鶴見岳を、インコースからは高崎山を望むことが可能です。
丘陵地帯に作られており、傾斜が色濃く残っているのが特徴で、ロバート・村島氏が18ホールの設計を担当しました。

「大分サニーヒルゴルフ倶楽部はオリックスグループが所有している」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

18ホールは短めだが、利用料金は安く訪れやすい大分パブリックゴルフ場

1972年、大分県大分市に開場したゴルフ場が大分パブリックゴルフ場です。
ゴルフ場の名前にもなっている通り、会員権の存在しないパブリック制を採用しているのが大きな特徴となります。
乙津蔵記氏が18ホールの設計を担当し、大分市の中心部から近く、アクセスしやすいのは大きな利点でしょう。

「18ホールは短めだが、利用料金は安く訪れやすい大分パブリックゴルフ場」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大分竹中カントリークラブはバンカーが深く難易度が高め

大分竹中カントリークラブは1975年より大分県大分市で営業を行っているゴルフ場です。
元からあった自然を活かして作っているのが特徴で、三好徳行氏が18ホールの設計を担当しました。
丘陵地帯に作られており、高低差や傾斜を無くす作業は行われていません。
その為、高低差と傾斜が色濃く残ったコースに仕上がっています。

「大分竹中カントリークラブはバンカーが深く難易度が高め」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ