ブラインド、ドッグレッグが少ない大石田ゴルフクラブ

1995年、山形県北村山郡大石田町に開場したゴルフ場が大石田ゴルフクラブです。
「OISHIDA GOLF CLUB」と英語表記されることもあります。
自然が多く残っており、木々や花に囲まれた中でプレーすることが可能です。
18ホールをバックティーから打った場合の距離は7045ヤードと長距離コースになります。

「ブラインド、ドッグレッグが少ない大石田ゴルフクラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大雪山カントリークラブは旭川空港の近くにあり、18ホールを二つ所有している

大雪山カントリークラブは1972年より北海道上川郡東神楽町で営業を行っているゴルフ場です。
旭川空港から近く、道内以外からのアクセスも容易で、ゴルフ場の名前にもなっている大雪山が景観面での見所となっており、場所によっては十勝岳、旭川市市街地も望むことが可能です。
18ホールを二つ所有しており、北海道内でも規模の大きなゴルフ場で、中村寅吉氏、阿部恒雄氏が設計に携わりました。

「大雪山カントリークラブは旭川空港の近くにあり、18ホールを二つ所有している」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

首都圏中央連絡自動車道の近くにある、大千葉カントリー倶楽部

千葉県市原市で1971年より営業を行うゴルフ場が大千葉カントリー倶楽部です。
首都圏中央連絡自動車道の市原鶴舞インターチェンジから1kmと近く、自動車を使った場合のアクセスが容易となっています。
9ホール構成の3コースを備えているのが特徴で、松井茂氏が設計を担当しました。

「首都圏中央連絡自動車道の近くにある、大千葉カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大浅間ゴルフクラブは長野県内で4番目に作られたゴルフ場

1963年、長野県北佐久郡御代田町に開場したゴルフ場が大浅間ゴルフクラブです。
長野県内で4番目に作られた、歴史のあるゴルフ場となります。
標高1000メートル付近に位置しており、浅間山と遠くに望める佐久の街並が景観面での見所です。
松井春生氏が18ホールの設計を担当しました。

「大浅間ゴルフクラブは長野県内で4番目に作られたゴルフ場」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

栃木で営業している大倉カントリー倶楽部は関東平野の景観が特色

大倉カントリー倶楽部は1975年より栃木県上都賀郡西方町で営業を行っているゴルフ場です。
大倉山の斜面にあり、景観面での名物は大倉山と、南東に広がっている関東平野となります。
赤星弥次氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は6460ヤードであり、それほど距離はありません。

「栃木で営業している大倉カントリー倶楽部は関東平野の景観が特色」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大相模カントリークラブは厚木から近く、27ホール体制で営業を行っている

神奈川県愛甲郡愛川町で1968年より営業を行っているゴルフ場が、大相模カントリークラブです。
厚木から近く、交通の便が良いコースとなっていて、丹沢山系の雄大な自然が景観面での見所で、発知朗氏が設計を担当しました。
9ホール構成の3コースを所有しており、2コースを組み合わせてプレーを行うこととなります。

「大相模カントリークラブは厚木から近く、27ホール体制で営業を行っている」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

オールドコース、ニューコースの二つを所有している大村湾カントリー倶楽部

大村湾カントリー倶楽部は「オールドコース」と「ニューコース」の二つのコースを長崎県大村市で運営しているゴルフ場です。
両者の敷地は接していますが、ゴルフ場予約サイトではそれぞれ別のゴルフ場として扱われています。
オールドコースは1972年に開場し、小笹昭三氏が18ホールの設計を担当しました。

「オールドコース、ニューコースの二つを所有している大村湾カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大多喜カントリークラブはレイクウッド大多喜カントリークラブに名称変更

大多喜カントリークラブは1976年より千葉県夷隅郡大多喜町で営業を行っているゴルフ場です。
ゼネコンの佐藤工業が主体となって作ったゴルフ場であり、後に日本土地建物株式会社が経営母体となりました。
2011年には日本土地建物株式会社の傘下である株式会社レイクウッドコーポレーションに譲渡され、レイクウッド大多喜カントリークラブと名称が変更されています。

「大多喜カントリークラブはレイクウッド大多喜カントリークラブに名称変更」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

27ホール体制で営業しており、お得なパスポートプランがある大多喜城ゴルフ倶楽部

千葉県夷隅郡大多喜町で1992年より営業を行うゴルフ場が、大多喜城ゴルフ倶楽部です。
ゴルフ場の名前にもなっている大多喜城跡の近くに位置しており、広大な土地と、9ホール構成の3コースを所有しているのが特徴で、金田武明氏、ゲーリー・プレーヤー氏が設計に携わりました。
丘陵地帯に作られていますが、高低差を感じさせないフラットな仕上がりです。

「27ホール体制で営業しており、お得なパスポートプランがある大多喜城ゴルフ倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

大津カントリークラブの名前が使われている東コースと西コース

大津カントリークラブの名前が使われたゴルフ場は二つあります。
「東コース」と「西コース」の二つです。
この両者は隣り合っており、共にアコーディア・ゴルフが所有しています。
東コースは滋賀県大津市で1969年より営業を行っているゴルフ場で、滋賀県内で8番目に作られており、歴史があります。

「大津カントリークラブの名前が使われている東コースと西コース」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ