東建塩河カントリー倶楽部は丘陵コースであり、計27ホールを備えている

1988年、岐阜県可児市に開場したゴルフ場が東建塩河カントリー倶楽部です。
元々は富士カントリーグループが作り、オープン当初は富士カントリー塩河倶楽部という名前でした。
2004年に運営が東建コーポレーションの子会社である東建リゾート・ジャパンに引き継がれ、名前が東建塩河カントリー倶楽部に変わることとなります。

「東建塩河カントリー倶楽部は丘陵コースであり、計27ホールを備えている」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

国内でも屈指の長距離コースとして知られている東建多度カントリークラブ

東建多度カントリークラブ・名古屋と表記されることが多い、東建多度カントリークラブは三重県桑名市で1992年により営業を行っているゴルフ場です。
東建コーポレーションの子会社が運営しており、東建ホームメイトカップの舞台として知られています。
また日本ゴルフツアー機構と日本女子プロゴルフ協会の両方から認定を受けている、数少ないコースです。

「国内でも屈指の長距離コースとして知られている東建多度カントリークラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東広島カントリークラブは計36ホールを所有している

広島県東広島市で1976年より営業を行っているゴルフ場が東広島カントリークラブです。
巨大な土地を持っており、敷地内に梅田芳彦氏が設計した2つの18ホールを所有しています。
丘陵地帯に作られていますが、打ち上げがほとんどないため打ちやすく仕上げられており、各ホール間のインターバルが少なく、スムーズにプレーが出来る点も特徴です。

「東広島カントリークラブは計36ホールを所有している」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

新しめのゴルフ場ながら男子プロトーナメントも開催された東広野ゴルフ倶楽部

1989年、兵庫県三木市に開場し、小林佑吉氏が設計を担当したゴルフ場が東広野ゴルフ倶楽部です。
比較的新しく作られたゴルフ場ながら、男子プロトーナメントが開催される等その躍進に大きな注目が集まります。
しかし、経営を行っていた三津田開発株式会社が2012年に民事再生法の適用を申請するという騒動がありました。

「新しめのゴルフ場ながら男子プロトーナメントも開催された東広野ゴルフ倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東庄ゴルフ倶楽部はアメリカンスタイルを意識しており、池が多いゴルフ場

東庄ゴルフ倶楽部は千葉県香取郡東庄町で1997年より営業を行っているゴルフ場です。
自然が豊富にあった土地に作られており、花や木々が多く残っています。
花は四季で違う姿を見せ、訪れるプレーヤーの目を楽しませてくれる存在です。

「東庄ゴルフ倶楽部はアメリカンスタイルを意識しており、池が多いゴルフ場」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

距離が長く、障害物も豊富にある東松苑ゴルフ倶楽部

栃木県足利市で1989年より営業を行っているゴルフ場が東松苑ゴルフ倶楽部です。
中島巌氏が設計を担当しました。
丘陵地帯に作られたコースであり、高低差はそれなりにありますが、プレーに大きく影響を与える程ではありません。
最もグリーンから遠いティーから打った場合の距離は6907ヤードであり、長めのコースです。

「距離が長く、障害物も豊富にある東松苑ゴルフ倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東松山カントリークラブは計27ホールを持つ評価の高いゴルフ場

1963年、埼玉県東松山市に開場したゴルフ場が東松山カントリークラブです。
武蔵丘陵森林公園に隣接しており、過去にはプロトーナメントも開催されているので、埼玉県内でも名が知られています。
9ホール構成の3コース、計27ホールを所有し、組み合わせは計3通りである東松山カントリークラブのコースは藤田欽哉氏が設計を担当しており、丘陵地帯に作られているものの高低差はさほどありません。

「東松山カントリークラブは計27ホールを持つ評価の高いゴルフ場」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

京都府内で八番目に作られた、歴史のある東城陽ゴルフ倶楽部

東城陽ゴルフ倶楽部は京都府城陽市で1966年より営業を行っているゴルフ場です。
歴史が古く、京都府内で八番目に作られたゴルフ場となり、春日井薫氏が設計を担当しました。
木々が多くあった丘陵地帯に作られており、コース内には多くの自然が残っています。

「京都府内で八番目に作られた、歴史のある東城陽ゴルフ倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東条ゴルフ倶楽部の18ホールは加藤俊輔氏が設計

兵庫県加東市で1991年より営業を行っているゴルフ場が、東条ゴルフ倶楽部です。
加藤俊輔氏が18ホールの設計に携わりました。
加藤俊輔氏は山の多い日本に合った設計を行うことで有名であり、東条ゴルフ倶楽部でも自然を活かした作りになっています。
周囲の山々の景色を違和感無く溶けこませており、雄大な自然を背景にしてプレーすることが可能です。

「東条ゴルフ倶楽部の18ホールは加藤俊輔氏が設計」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

コースの距離はあまりないものの、池が多めである東条湖カントリー倶楽部

1967年、兵庫県加東市に開場したゴルフ場が東条湖カントリー倶楽部です。
元々の土地にあった自然が色濃く残っており、特に松が多く植えられています。
各ホールは松林により仕切られており、他の組やOBを気にすることなく思い切って打っていくことが可能です。
関口勇氏が18ホールの設計を担当しました。

「コースの距離はあまりないものの、池が多めである東条湖カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ