東急セブンハンドレッドクラブには18ホールが2つあり、コンセプトが違う

千葉県千葉市で1989年より営業を行っているゴルフ場が東急セブンハンドレッドクラブです。
東急電鉄が所有しているゴルフ場であり、広大な土地に18ホールを2つ備えているという特徴があります。
開場後間もなくから多数のプロトーナメントを開催しており、高い評価を得ているゴルフ場で、宮澤長平氏が設計を担当しました。

「東急セブンハンドレッドクラブには18ホールが2つあり、コンセプトが違う」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

富士山と相模湾を望むことが出来る、東京カントリー倶楽部

1980年、神奈川県秦野市に開場したゴルフ場が東京カントリー倶楽部です。
西に富士山、南に相模湾を望むことが可能となっており、景観の面で優れています。
9ホール構成の3コースを備えているのも大きな特徴で、利用者はその中から2コースを選んでプレーすることとなります。
山岳地帯の一部に作られているので、高低差がありますが、距離感が狂う程ではありません。

「富士山と相模湾を望むことが出来る、東京カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東京ゴルフ倶楽部は日本で三番目に作られたゴルフ場

東京ゴルフ倶楽部は1914年より埼玉県狭山市で営業を行っているゴルフ場です。
日本で3番目に作られたゴルフ場として名を馳せています。
関東では始めて作られたゴルフ場で、日本人が主導して作った、初の本格的なゴルフ場として知られています。
元々は東京の駒沢にあったコースですが、1932年に埼玉県の朝霞に移転しました。

「東京ゴルフ倶楽部は日本で三番目に作られたゴルフ場」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

7144ヤードと長距離のコースが特徴的な東京バーディクラブ

東京都青梅市で1976年より営業を行っているゴルフ場が東京バーディクラブです。
秩父多摩の山々と武蔵野の自然が景観の面での見所で、ロバート・村島氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は7144ヤードであり、国内でも屈指の長距離コースです。
丘陵地帯に作られているので、高低差があり、終始打ち上げと打ち下ろしが続きます。

「7144ヤードと長距離のコースが特徴的な東京バーディクラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東京よみうりカントリークラブは数々のプロトーナメントの舞台になったコース

1964年、東京都稲城市に開場したゴルフ場が東京よみうりカントリークラブです。
読売グループの一員である株式会社よみうりランドが運営を行っており、井上誠一氏が18ホールの設計を担当しました。
非常に評価が高く、ゴルフ日本シリーズ、ワールドレディスチャンピオンシップを始めさまざまなプロトーナメントが開催されたことでも知られています。

「東京よみうりカントリークラブは数々のプロトーナメントの舞台になったコース」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

改修を終えて生まれ変わった東京五日市カントリー倶楽部

東京五日市カントリー倶楽部は東京都あきる野市で1973年より営業を行っているゴルフ場です。
9ホール構成の3コース、計27ホールを所有していて、小寺酉二氏が設計を担当しました。
2004年頃から各コースの改修に取り掛かっており、2012年には全ての工事が終了しています。

「改修を終えて生まれ変わった東京五日市カントリー倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東京国際カントリー倶楽部は後に東京国際ゴルフ倶楽部に

東京都町田市で1961年より営業を行っているゴルフ場が、赤星四郎氏が設計を担当した東京国際カントリー倶楽部です。
オープン当初は27ホール体制で営業を行っていましたが、後に18ホールでの営業に切り替わります。
2000年よりゴルフ場の経営を行っていた国武株式会社の傘下に入るものの、2005年には東京国際カントリー倶楽部の経営会社が債権者から会社更生法を申し立てられるという場面も世間で話題となりました。

「東京国際カントリー倶楽部は後に東京国際ゴルフ倶楽部に」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

成田空港のすぐ近くで営業を行っている東京国際空港ゴルフ倶楽部

1989年、千葉県香取郡多古町に開場したゴルフ場が東京国際空港ゴルフ倶楽部です。
ゴルフ場の名前にもなっており、一般的に成田空港と呼ばれている東京国際空港から非常に近いところにあります。
佐藤毅氏が18ホールの設計を設計を担当しており、6724ヤードと距離は長くフェアウェイも広め、且つ丘陵地帯に展開されていますが、ほぼ全てのホールがフラットに仕上がっているので、打ちやすい作りです。

「成田空港のすぐ近くで営業を行っている東京国際空港ゴルフ倶楽部」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

東京都民ゴルフ場は2010年から新体制で営業を行っている

東京都民ゴルフ場は東京都足立区で1955年より営業を行っているゴルフ場です。
東京で二番目に作られたゴルフ場であり、戦後に作られたコースの中では東京都内で最も古い歴史を持っています。
荒川の河川敷沿いに位置しており、日本の河川敷コースの走りとも言える存在です。

「東京都民ゴルフ場は2010年から新体制で営業を行っている」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

都心からのアクセスが容易であり、27ホールを備えている東京湾カントリークラブ

千葉県袖ケ浦市で1979年より営業を行っているゴルフ場が、東京湾カントリークラブです。
9ホールで構成された3コース、計27ホールを備えているのが特徴となります。
吉崎満雄氏が設計を担当しました。
丘陵地帯に作られたコースですが、高低差はあまりありません。

「都心からのアクセスが容易であり、27ホールを備えている東京湾カントリークラブ」の続きを読む

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ