メタルウッドの登場で変化したゴルフクラブ事情

メタルウッドとは、ヘッドの部分が金属でできているモデルのゴルフクラブのことで、本来はパーシモンと呼ばれる柿の木で作られていましたが、パーシモンの高騰化と共に品不足による入手困難な歴史から、柿の木の代わりに金属製のヘッドにしたものです。
本来では木で作られる部分を金属で作っていることから、メタルウッドと呼ばれています。
現在では、多くのゴルフクラブのヘッド部分が金属で作られています。

「メタルウッドの登場で変化したゴルフクラブ事情」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

プロゴルファーが目指す4大メジャー大会への注目

ゴルフにおけるメジャー大会とは、全世界のファンが注目するプロゴルファーたちが参加する大会のことです。
主に世界ゴルフ4大メジャートーナメントが該当しており、米国で行われるマスターズ・トーナメント、全米オープン、全米プロにイギリスの全英オープンが該当します。
このメジャー大会に参加するためには実績が必要であり、ゴルフプレイヤーが気軽に参加することができません。

「プロゴルファーが目指す4大メジャー大会への注目」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ミドルホールの特徴と他のコースとの違いとスコアの伸ばしやすさ

ミドルホールとはゴルフコースの一種で、基準打数が4打で設定されている230メートルから430メートルの距離で作られたコースになります。
攻め方としてはロングホール同様に1打目、2打目で距離を稼ぎ、3打目でグリーンに乗ることが理想的と言えます。
スコアを伸ばすためには2打目でグリーンに乗ることさえできれば、3打目でカップインを狙えるので、スコアを伸ばすために、ミドルホールを重点的に攻めるプレイヤーも多いです。

「ミドルホールの特徴と他のコースとの違いとスコアの伸ばしやすさ」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ミドルアイアンの利便性の高さとユーティリティクラブの存在

ミドルアイアンとはゴルフクラブの種類であり、特にアイアンクラブの4番、5番、6番の事を指します。
アイアンとは金属製のゴルフクラブのことであり、現在では一般的なモデルになりますが、一昔前までは柿の木でゴルフクラブの先端であるヘッド部分を作っていました。
しかし、柿の木が品薄になった事による価格の高騰によって、金属を使ったヘッドが登場しました。

「ミドルアイアンの利便性の高さとユーティリティクラブの存在」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

マレット型パターによるパッティングの的確なコントロール

ゴルフクラブの種類にはパターと呼ばれるものがあり、これはボールがグリーンに乗った際にカップインを目指すために、的確なコントロールを必要としている場面で使われるクラブの一種です。
パターは大きく2種類に分類されており、ピン型パターとマレット型パターになります。

「マレット型パターによるパッティングの的確なコントロール」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

マッシーと呼ばれていた5番アイアンの利便性の高さとは

マッシーとは、昔の言葉で5番アイアンのことを指す言葉でした。
アイアンとは、金属製のクラブヘッドを持つゴルフクラブのことです。
昔は柿の木からクラブヘッドを作っていたので、金属製は珍しいものでした。
しかし、現在では柿の木が品不足により高騰してしまったので、安い製造コストでゴルフクラブを作れるとして、金属製が使われるようになったわけです。

「マッシーと呼ばれていた5番アイアンの利便性の高さとは」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

全世界が注目するマスターズゴルフトーナメント

マスターズゴルフトーナメントとは、世界ゴルフ4大メジャートーナメント大会の一つであり、アメリカのオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで行われています。
特徴としては他の大会とは異なり、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで行われているので、毎年同じコースを利用しており、攻略方法などに変化が無いことから、コースを毎回変更する試合とは異なります。

「全世界が注目するマスターズゴルフトーナメント」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

マークをゴルフボールに記入する行為の意味と目的

マークとは記号や印の事であり、ゴルフにおいてはボールにマーキングを行うことを指します。
これはゴルフが1ホールを複数のプレイヤーで利用するスポーツであるため、コースに落ちているボールが誰の物なのかを示す必要があるからです。
一般的にはマジックなどで自分のマークを記入しますが、それは人によって名前であったり、記号や印であったりとさまざまなパターンがあります。

「マークをゴルフボールに記入する行為の意味と目的」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

マーキングをゴルフボールに行うことの必要性

ゴルフを行う際に、ボールにマーキングを入れる必要があります。
これは複数人でプレーを行った場合に、コース中に落ちているボールが誰のものなのかを分かるようにするため、自分のボールだと分かるようにマジックなどでマーキングを行うことです。
個人でのプレーの場合には、マジックを使ってボールに名前やイラスト、記号などを書いたりしますが、印刷会社などに発注を行うことで、きちんとしたフォントで名前を入れたり、カラーのイラストを入れたりすることが可能です。

「マーキングをゴルフボールに行うことの必要性」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ボールマークを入れることで、自分のボールだと示すことができる

ボールマークとは、自分のボールだと示すために印を入れることです。
ゴルフは複数人でプレーするスポーツになるので、同じ場所にボールが飛んでいった場合に、誰の物なのかが分からなくなり、誤打を行ってしまう場合があります。
これを防ぐためにアマチュアでもプロの選手でも自分の印を入れています。

「ボールマークを入れることで、自分のボールだと示すことができる」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ