スイングプレーンを意識することがスイング上達への近道

正しくスイングするためには、いろいろな方法がありますが、その一つがスイングプレーンの確認です。
アドレス時に、肩からクラブをたどってボールまでの平面(プレーン)をこう呼びます。
そして、次にインパクトのときに、この面がどうなっているかを見てください。
真後ろから、ビデオカメラで録画をしておくと確認をしやすくなります。

「スイングプレーンを意識することがスイング上達への近道」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

過信してはいけない、クラブ選びのスイングバランス

バランスに優れたゴルフクラブを選ぶときは、スペックの中でもとくに、長さと総重量、そして、スイングバランスとも呼ばれる、スイングウェイトが重視されます。
現在はこのスイングウェイトのみを重視する傾向がありますが、実際にはこの数字のみでバランスの善し悪しを判断することはできません。
バランスが同じであったとしても、材質が変わってきてしまえば、まったくスイングの印象は変わってきます。

「過信してはいけない、クラブ選びのスイングバランス」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

飛距離を伸ばす秘訣は、大きく正確なスイングアークにあった

スイングするときに、意識されるのが、バックスイングを大きくとるということ。
これには大きな意味があって、スイングするときのヘッドの円を描くような軌道、スイングアークを大きくすることが目的です。
これが大きければ大きいほど飛距離が伸びると言われています。
だからゴルフクラブ自体は長い方がよく飛ぶという理屈にもなります。

「飛距離を伸ばす秘訣は、大きく正確なスイングアークにあった」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ゴルフの基礎にしてすべてとも言えるスイング

スイングをすることから、ゴルフははじまります。
大げさなようですが、ゴルフのすべてとも言うことができるほど重要で、これがなければ、ゴルフを始めることもできませんし、上手くなれば間違いなくゴルフ自体が上達することになります。
そしてそれには、あらゆる要素が関わってきます。

「ゴルフの基礎にしてすべてとも言えるスイング」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

スインガータイプとは、いったいどういう人なのか

ゴルフ雑誌や、ゴルフクラブ専門店に行くと、よく「このクラブはスインガ―タイプにオススメ」という言葉を目にします。
当たり前のように使われる言葉ですが、それではいったいどういった意味なのでしょうか。
簡単に言ってしまうと、スイングのテンポがゆっくりとしていて、遠心力で飛ばす人のことです。
言い換えると、パワーではなく、スイングの正確性でインパクト時にスイートスポットを狙って、飛距離を稼ぐプレーヤーのことです。

「スインガータイプとは、いったいどういう人なのか」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ショットの基本にして核心。芯で打つとはどういうことか

ゴルフクラブの「芯」で打つ。
スイングするときに一番重要な言葉ですが、果たしてこれはいったいどこでインパクトをすればいいのか意外とわからない人も多いでしょう。
スイートスポットとも言われるこの場所は、当然ヘッドの重心のことではありません。
なぜなら、ヘッドの重心は、ヘッドの中に存在して、そこをボールに当てるのは物理的に不可能です。

「ショットの基本にして核心。芯で打つとはどういうことか」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

コンペに出るなら知っておきたい、新ぺリア方式とは

ゴルフコンペなどでたびたび耳にする「新ぺリア方式」は、ハンディキャップの算出方法の一つです。
上手い人も下手な人も、同じ土俵で戦うということは、ゴルフコンペでは無理が生じてしまいます。
誰でも、勝機を生むためには、こういった適切なハンディキャップが必要となるのですが、その算出法がこれです。
これを算出するためには、まず、隠しホールを用意します。

「コンペに出るなら知っておきたい、新ぺリア方式とは」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

振動数を自分に合わせることがベストショットへの近道

ゴルフでベストショットを生むためには、インパクト時のゴルフクラブのしなりが重要な要素の一つになっています。
そのしなりはシャフトの固さにより、それを表している数値が「振動数」です。
計測は機械で行われていて、クラブのグリップを固定して、ヘッド側を引っ張って、振動させます。
1分簡易振動する数値がそのまま、この数字になります。

「振動数を自分に合わせることがベストショットへの近道」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

傾斜だけでなく、芝の順目を読み切ってグリーンを制す

グリーンの芝生はパットに大きく影響を与え、これを読み切ることが、パットを制するための第一歩とも言うことができます。
とくに、グリーンの芝生が、順目になっているか、逆目になっているかはかなり重要です。
芝生がカップに向かって流れていて、その上にボールを載せるとスムーズに動く状態を前者、逆にカップから反発して芝が寝ているときを後者と表現しますが、この読みが上手くいかなければ、普通はカップインするはずの力で打ったとしても、ショートになって届かないということがあります。

「傾斜だけでなく、芝の順目を読み切ってグリーンを制す」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

クラブの特徴を左右する、重心高さのメリット・デメリット

「重心高さ」はゴルフ用語で、ゴルフクラブに関してのものになります。
算出の仕方としては、ゴルフクラブのヘッドのフェースから、ヘッドの重心に向かって、フェースと垂直に交わるような線をひきます。
そして、その線からフェースをそって下におろしていき、リーディングエッジ、いわゆるフェース面の一番下までの高さが、これに当たります。

「クラブの特徴を左右する、重心高さのメリット・デメリット」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ