バンカーショットやアプローチに影響を与えるバウンス角

ウェッジのソールのふくらみをバウンスと言いますが、この角度は非常に重要で、バウンス角と言われています。
角度を計測するためには、ソールの張り出した部分の頂点とリーディングエッジの傾度を測定することになります。
基準としては10度がボーダーになって、これより低ければ、低いウェッジということが言えます。

「バンカーショットやアプローチに影響を与えるバウンス角」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

砂に潜らないためのバウンスはサンドウェッジに必須

バウンスとは、ウェッジ、特にサンドウェッジのソールのふくらみのことを言います。
ここの大きさは、ソールの幅によっても変わってきますし、バウンス角と言われる、角度によっても変化します。
大きければ、エクスプロージョンを起こしやすくなり、ボールをバンカーから楽に出すことができます。

「砂に潜らないためのバウンスはサンドウェッジに必須」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

視覚情報も重要になるパターでは、ネック選びも重要

ゴルフクラブはヘッドとシャフトに分かれていて、その接続部分をネックと言います。
接続するアイテムを指してソケットと呼ばれることもあります。
特に繊細な、操作が要求されるパターではさまざまネックの形状があって、それが視覚的にも機能的にも、パッティングに大きな影響を与えます。
この形状で、スタンスから見た視覚的情報が変わってくることから、プレーヤーによってかなり好みが分かれます。

「視覚情報も重要になるパターでは、ネック選びも重要」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

プロ御用達の、柔らかい感触を生む軟鉄のクラブ

いまやさまざまな素材が使われるようになったゴルフクラブですが、その中で「軟鉄」という素材があります。
多くのプロが愛用していることから広がっていった新しい素材です。
また、これは英語で「FORGED」とも呼ばれていて、この素材が使用されているクラブには「FORGED」の刻印が入っていることが多いです。
ただしFORGEDは、製造方法のことで、素材である軟鉄をさしているわけではありません。

「プロ御用達の、柔らかい感触を生む軟鉄のクラブ」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

バンカーショットの救済的役割を果たす、トレーリングエッジ

トレーリングエッジは、ヘッドのソール、つまり底の部分の一番出っ張っている場所の角をさす言葉です。
ここが、スイングする時に地面に引っかかってしまうようなミスはよくあることです。
また、有効活用することも可能で、バンカーショットなどでは、この部分があることによって、砂を爆発させるようにボ―ルを飛ばす、エクスプローションが可能となっています。

「バンカーショットの救済的役割を果たす、トレーリングエッジ」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

シャフトのしなりやすさを数値化した、トルク

トルクはシャフトに関しての数値で、この数値が大きければ、それだけシャフトがねじれやすくなります。
つまり、ちょっとした力で曲がりやすくなってしまうということです。
一般的にはしなりとも言われていますが、トルクが大きければそれだけスイングのときにしなって大きな力を生み出します。

「シャフトのしなりやすさを数値化した、トルク」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

数あるクラブの中で、最も飛距離を稼ぐドライバー

ゴルフクラブの中で、1番ウッドの別名がドライバーで、そしてクラブの中で最も飛距離が出るものになります。
最初のティショットから使うことが一般的で、それゆえにどこまで距離が稼げるか、そして自分のねらった位置に近い場所に球がいくかということが重視されます。
ドライバーを選ぶときはさまざまなポイントがあります。まずはあまりにも自分の体重より軽いものを選ばないことです。

「数あるクラブの中で、最も飛距離を稼ぐドライバー」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

クラブヘッドの先「トゥ」はアドレスとインパクトで位置が変わる

ゴルクラブのヘッドで、先の方をトゥと呼び、シャフト側をヒールと呼びます。
スイングをすると、クラブには遠心力が働き、アドレスのときとインパクトのときでは、位置が変わってきます。
これがトゥダウンと呼ばれる現象です。
アドレスでいくら調整したとしても、打球を捉えるときにはその位置は変わってきてしまうということです。

「クラブヘッドの先「トゥ」はアドレスとインパクトで位置が変わる」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

ボール表面のくぼみ「ディンプル」は、飛距離を左右する

ゴルフボールには、丸いくぼみが全体を覆うようにいくつもついていますが、これが「ディンプル」と呼ばれるものです。
単に飾りとしてついているわけではなく、飛距離に大きな影響を与えています。
そして、このディンプルには形状や配列パターンなどがそれぞれ違っていて、それがボールの性能の違いにもなっています。

「ボール表面のくぼみ「ディンプル」は、飛距離を左右する」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

直進性が高く、ストレートな球を打ちたいならディープフェース

ディープフェースとは、ゴルフのクラブヘッドのフェース面が深いものを総称する言葉です。
深いというのは、フェースの上部から、下部への距離が長いということになります。
一般的に、深くなるとスピンを抑えて直進性の高い球が打つことができること、そしてボールが上に上がりにくいという特徴があると言われています。

「直進性が高く、ストレートな球を打ちたいならディープフェース」の続きを読む

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ