ホールに入った球、判断にはいろいろなルールがあります

ホールに入った球とはその名の通り、ホール内に入った球のことを意味します。そのホールのゴールと言えるものですね。このホールに入った球の定義として「ホールに入る」という定義があります。
球がホール内に止まり、球全体がホールのふちよりも下にあるとき、その球はホールに入ったと定義されます。なぜこのような細かい定義をする必要があるのでしょうか。

「ホールに入った球、判断にはいろいろなルールがあります」の続きを読む

カテゴリー:ルール

試合中において動いたとみなされる球とはどんな球?

動いたとみなされる球とはどういうことでしょうか。ゴルフ用語の中には「球が動く、球が動かされる」という言葉もあります。それは球が止まっている位置を離れ、他の位置に移動して止まった場合、それは球が「動いた」とみなされるというものです。動いたか動かされたかという細かな言葉の違いの意図することとは一体どういうことなのでしょうか。

「試合中において動いたとみなされる球とはどんな球?」の続きを読む

カテゴリー:ルール

ゴルフ用語における「アドバイス」の意味とは?

アドバイスとは通常何かの助言をするという意味の英語ですが、ゴルフの場合だと同じようでいて、若干意味合いが異なります。助言は助言なのですが、プレーにあたり、その人の成績に影響するような助言を、ゴルフ用語でアドバイスと呼びます。

「ゴルフ用語における「アドバイス」の意味とは?」の続きを読む

カテゴリー:ルール

「球にアドレス」はメールアドレスではありません

球にアドレスとは、ゴルフプレー時にボールの直後、または直前にクラブヘッドを置いた事を意味します。JGA公益財団法人日本ゴルフ協会では正式にこのように表現しています。『プレーヤーはスタンスをとっていたかどうかにかかわらず、球の直前、または直後の地面にクラブを置いた時にそのプレーヤーは「球にアドレス」したことになる。』なぜこのような用語が作られるのでしょうか。そこまで重要な事なのでしょうか。

「「球にアドレス」はメールアドレスではありません」の続きを読む

カテゴリー:ルール

異常なグラウンド状態とはどんな意味でしょうか?

異常なグラウンド状態とは、その名前の通りフェアウェイ上またはグリーン上の通常とは異なる状態の事を言います。この状態はJGA、日本ゴルフ協会に正式な用語として紹介してあります。日本ゴルフ協会では以下のように表現しています。『「異常なグラウンド状態」とはカジュアルウォーターや修理地、穴掘り動物、爬虫類・鳥類が作ったコース上の穴・吐き出したり掻き出したりした土・通り道をいう。』

「異常なグラウンド状態とはどんな意味でしょうか?」の続きを読む

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ